コンプライアンス・CSR - 株式会社 大松建設

コンプライアンス・CSRのアイコンコンプライアンス・CSR

大松建設のコンプライアンス・CSRに関する基本的な方針を掲載しています。

私たち大松建設は、お客様に安心して工事を発注していただくために、恒久的なコンプライアンス体制の確立を経営の重要課題とし、その適正な運営の強化と維持に取り組んでいます。

コンプライアンス強化の施策として、あらゆるリスクによる不測の事態に備えて適正なマネジメントを行っています。

日々の業務においては、全社員が共有すべき判断基準・行動指針を明確にするため、企業行動規範および『コンプライアンス宣言』を制定し、意識づけの徹底を図るとともに、請負・受託/コンサルティング業務の実施にあたっては、独自のノウハウをもとにして確実に適正な状態を維持することができる下記のような体制を整備しています。

  1. 請負・受託業務の適正運営にかかるチェック体制
    • 適正な請負・受託業務を実施するにあたり、その総合的なルールブックとなる「建設業法令遵守ガイドライン」に従った業務推進体制を構築しています。
    • 受注の際には、ガイドラインに則った契約内容、施工内容および受注体制であるかの事前確認を行い、業務開始後には定期的なフォロー監査も実施して、業務の適正運用維持に努めています。
  2. 内部監査
    • 現場においてルールどおりに実践されているかどうかについて、公正かつ、独立した立場で客観的な評価を行っています。
    • 監査において指摘事項が発見された場合には発注者様との連携体制の下、即時に改善を実施していきます。

また、社内教育においては、全社員のコンプライアンス意識および各種関係法令知識の向上について、年次研修計画に基づき研修を実施しています。とりわけ、請負・受託/労働安全衛生にかかる法令および実運用に関しては、長年にわたり土木施工業務運営で培った経験とノウハウを活かしたマニュアルを作成し、より実践的な研修を行っています。

<コンプライアンス宣言>

私たち大松建設は、法令を遵守し、高い倫理観のもとに企業の社会的責任を果たします。

私たち大松建設は、「社会インフラの整備、地域社会の発展」といった、人の生活に大きく関わる社会貢献性の高い事業を展開しております。

発注者・ビジネスパートナー・従業員など、すべてのステークホルダーの権利・利益が現実に守られるために、法令の遵守と情報の開示を通じて、経営の透明性を確保することが企業価値の最大化に繋がるものと考えます。

私たちは社会的責任を果たすためにコーポレート・ガバナンスを重視し、コンプライアンスを徹底した事業運営を行うことをここに誓います。

また、当社に属する全役職員の一人ひとりが当事者意識を持ち、「自分事」として、より高い倫理観と強い責任感で社会貢献できる魅力ある企業をめざします。

反社会的勢力排除

私たちは、反社会的勢力と取引関係を含めて一切の関係をもたないことを宣言し、反社会的勢力による不当要求は経営トップ以下、組織全体として外部専門機関と連携して拒絶を行い、反社会的勢力への資金提供は、絶対に行いません。

環境との関わり
<大松建設環境理念>

21世紀の世界において、企業が事業活動を継続し発展するためには、市場が公平・公正で自由であることはもちろん、社会全体が平和で豊かであることが必要です。そのためには、人類が暮らす場所としての地球環境が、安定していて災害等が少なく、また、多様性に富んでいて様々な恩恵を人々にもたらしてくれることが不可欠です。

私たち大松建設は、グローバルな社会の一員として、環境問題に積極的に取り組みます。

pageTop